JCOMってなに?

 情報教育に興味関心のある教育関係者の集まりです。(詳しくはJCOMの歴史を読んでね)
 新潟県の上越地区を中心に活動をしています。しかし、現在は日本中、世界中にメンバーが広がっています(おいおい)。
 上越教育大学学校教育研究センターを本拠地にして、研修会やミーティング、メーリングリストでの活動、ネットディ、情報教育ボランティアなどをやっています。
 「教育とコンピュータ利用研究会上越支部」(The Association of Computer Education 通称:ACE)と重複して活動をしています。メーリングリストはACE-JCOMと言います。
 「新潟インターネット教育利用研究会」(Niigata Internet Conferenceon Education 通称:NICE)と親密な関係にあります。
 関連組織として「特殊教育におけるコンピュータ利用研究会」があります。
 常にアクティブに、フットワークよく、好奇心をエンジンに活動を行っています。

どうしてJCOMっていうの?

 昔は上越コンピュータ利用研究会(Jouetu COMputer 利用研究会)だったんです。
 でも「コンピュータだけじゃないだろ」っていう反省から情報教育研究会に改名したんです。
 ただ、JCOMの名前は地方じゃ有名になっていたし(ほんとかな)、かっこいいので通称はそのまま残したんです。

どんな人がいるの?

 小学校の先生、中学校の先生、高校の先生、大学の先生、教育行政の人、大学院生、会社の人など様々です。
 教科や職種もさまざまです。
 でも、上下の関係は全くありません。会議やミーティングは原則として、「ネクタイも可」です。
 上越地区を中心にスタートしましたが、インターネットの普及とともにML会員は全国に広まっています。
 上教大の院生(内地留学の先生)たちも上越にいるときに会員になってまた全国へ戻っていきます。

会則ってあるの?

 会則は、別のメニューから御覧ください。
 しかし、会則の前に、大原則があります。それは、『いいだしっぺの法則』です。真に自らの意志で活動が繰り広げられます。

組織は?

会長  水谷徹平(長岡市立脇野町小学校教諭)
副会長 小川 亮(富山大学人間発達科学部人間発達科学研究実践総合センター)
幹事長 渡部直樹(上越市立美守小学校教諭)
会計  清水雅之(上越教育大学学校教育実践研究センター)
幹事  特に決まっているわけではないがそのつどアクティブな常連
 常連たち
  技術担当   戸田義隆(上越市立上杉小学校教頭)
  技術担当   戸田正明(上越市立富岡小学校校長)
  HP担当    渡部直樹(上越市立美守小学校教諭)
  御老公    石野正彦(上越教育大学学校教育実践研究センター)
  106代     渡邉正親(三和区在住)     
  相談役    小川 亮(富山大学人間発達科学部人間発達科学研究実践総合センター)
  何でも屋   田邊道行(上越教育大学学校教育実践研究センター)

いつごろからあるの?

 えーと確か、1988年からだと思います。最初は上越コンピュータ利用研究会という名称でした。
 その後、上越教育大学学校教育研究センターネットワーク研究会(JKNET)のメンバーを飲み込みました。
 詳しくはJCOMの歴史をご覧ください。

どうすればJCOMメンバーになれるの?

 入会はこちらに連絡をお願いします。
 jcom-kanji@jcom-e.sakura.ne.jp

お金はかかるの?

 年会費1,500円です。
 10年分、先払いされた会員もおられます。
 1,500円は、自らの意思表明のようなものです。

最終更新時間:2019年01月26日 11時04分47秒

メニュー


JCOM会員大募集!!

ファイルが存在しません。

常に会員を大募集しています。
参加してみたい方は、jcom-kanji@jcom-e.sakura.ne.jpに連絡をお願いします。

サイト内検索

キーワード

最新

2021/1/10

2019/1/26

2011/1/22

2008/1/13

2007/11/10